薬の選び方に気をつける、ベトナムで輸入品の登録サービス

薬の選び方に気をつける,ベトナムで輸入品の登録サービス

Hotline : (+84)922 111 668 And (+84)949 203 380

薬の選び方に気をつける

クラミジアの治療薬として有名なものと言えばクラビットとジスロマックがあります。どちらも非常に有効な薬で、クラミジアを短期間で治療することができます。購入時にどちらにするか迷わないためにも、クラビットとジスロマックの効果の違いについて知っておきましょう。薬の選び方に気をつける

薬の選び方に気をつける
薬の選び方に気をつける

クラミジアは細菌による感染症なので、クラビットもジスロマックも細菌を除去する薬になります。両者ともクラミジアに対して有効なのですが、クラミジア治療によく使われるのはジスロマックの方になります。
ジスロマックが人気の理由は、効果の持続時間です。クラビットは毎日の服用を一週間ほど続ける必要があるのに対し、ジスロマックは一度服用すると一週間ほど持続してくれますので、一度の服用でクラミジアを治療することができます。薬を飲み忘れる心配もありませんし、一錠で治療できる分、薬代も安くで済ませることができます。
さらに、ジスロマックはクラビットと比較した際に副作用が少なく、妊娠中に服用できるというメリットがあります。クラミジア治療に限って言えば、ジスロマックの方が圧倒的にオススメだといえるでしょう。

薬の選び方に気をつける

ここまでの説明だと、ジスロマックさえあればクラビットがいらないと考える方も多いのですが、クラビットにはジスロマックよりも幅広い細菌に対して効果を発揮するというメリットがあります。
かなり広い範囲の細菌に効果を発揮しますので、クラビット一つあれば様々な病気の治療ができるでしょう。クラミジア以外にも何か心当たりのある方は、クラビットを購入してみてもいいかもしれませんね。

かぜ薬の選び方と服用法
 かぜ薬は対症療法なので症状に合った薬を選ぶようにします。
喉の痛み、咳、鼻水、熱、頭痛などの一般的なかぜの症状があるときには総合感冒薬ならどれでも有効です。
総合感冒薬をのんでも、高熱、筋肉痛、頭痛が改善しない場合は、バファリンなどの鎮痛・解熱薬を併用してもかまいません(先に述べたようにインフルエンザをかかったときには、早めに医師に診てもらう方が良いでしょう)。
熱や喉の痛みがなく咳と鼻水くらいのときには、抗ヒスタミン薬が配合されている咳止め(鎮咳・去痰)の服用でも十分です。

副作用と服用中の注意
副作用で多いのは皮膚の毒彦などアレルギー反応です。ひどいとショックを起こし、冷や汗、血圧低下、息苦しさが出る場合があります。ピリンアレルギーや薬剤アレルギーの多い方は非ピリン系かぜ薬の方が無難です。
眠気が起きることが多いので、車の運転には注意が必要です。
鎮痛・解熱薬で胃腸の具合が悪くなることがありますので、何か食べたあとに服用しましょう。
抗ヒスタミン薬でまれに排尿障害や眼庄上昇が見られる場合があります。
卵アレルギーのある方は、塩化リゾチームでアレルギーが出る可能性があります。
リン酸コデイン、ジヒドロコデインを含む製剤で便秘になることがあります。
長期に服用しない限り、アレルギー反応以外重大な副作用はありません。しかし、かぜの症状が続くからといって、長期にわたって服用を続けると内臓機能に異常が出ることもあります。4~5日服用しても改善しない場合には、医師に診察してもらいましょう。とくに細菌感染が疑われるとき(黄色の鼻汁、痰やリンパ腺の腫れ、高熱)は受診しましょう。また、かぜ薬をお酒と一緒に服用するのはやめましょう。薬が効きすぎ、毒性のある代謝産物が体の中に増えることがあります。

他の病気で治療中の方の注意
心臓機能障害、不整脈治療中の方、重症喘息患者の方:メチルエフェドリンなど気管支を広げる成分で症状がひどくなり、胸苦しくなることがあります。このような方は、気管支拡張薬以外の咳止めが配合されている製剤を選ぶようにします。
喘息発作(アスピリン喘息)のある方:アスピリン、イブプロフェンで喘息発作が誘発される方がいます。鎮痛・解熱薬はアセトアミノフェンに気管支拡張薬が配合されている薬が適当です。
全身性エリテマトデス、混合性結合組織病の方:イブプロフェンを含有する薬は無菌性髄膜炎(発熱、激しい頭痛)を起こすことがあります。アセトアミノフェンを含む薬を選ぶようにします。
緑内障、排尿障害の方:抗ヒスタミン薬や抗アセチルコリン薬は、排尿障害、眼圧上昇に注意が必要です。

Leave a comment

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.